茶の本(本)
茶の本(本)
  • Sold out

city shed

茶の本(本)

¥2,200(税込)

Point:0 PT

Color

  • F

Size

  • F

QUANTITY

“美のカリスマ〟岡倉天心が世界にアピールした、日本人の本当の美意識

日本の美の心を茶道の美意識から説き起こして、世界に衝撃を与えた名著の初のビジュアルブック化! 「茶の本」は、茶道の作法などを解説した書物ではなく、茶道を禅や道教、華道などとの関わりから広く捉え、日本人の美意識や文化観を欧米人に向かって説いた評論ですが、日本人にも「美の本源」「芸術の本質」「人生の本義」を教えてくれる一書でもあります。大川裕弘氏の美しい写真と共に、その世界観が味わえます。

※店頭ディスプレイ品のため、少々キズスレかある場合がございます。予めご了承ください。

著者紹介
岡倉覚三(オカクラカクゾウ)
岡倉天心。1862年~1913年。越前福井藩士の次男。横浜生まれ。明治期美術界の先覚的指導者。10歳頃から漢学、英学を学び、東大に進んで政治学、理財学を専攻、在学中に師フェノロサと親交をむすぶ。文部省入省後、フェノロサらとともに、衰退していた日本文化の再興をはかる中、絵画界の刷新に努める。欧州に美術視察ののち、東京美術学校(現・東京芸大)の創立に関わり、校長に就任。多くの優れた画家を育てた。同校長辞任の後、横山大観、下村観山ら門下生を率いて日本美術院を創立し、日本画の改革を提唱。ボストン美術館東洋部長。著書を通じて、東洋文化の優秀性を称揚。

大川裕弘(オオカワヤスヒロ)
1944年千葉県松戸市生まれ。1969年写真家高橋克郎氏に師事。1979年大川写真事務所を設立。以降、フリーランスフォトグラファーとして、広告写真および女性誌を中心とした雑誌媒体で活動。日本広告写真協会(APA)会員。
Size Guide
サイズ
Material
素材名
Room
LIVING ROOM
Shipping & Returns
※ご注文金額 ¥11,000(税込)以上で送料無料。
¥11,000未満の場合、送料はお客様のご負担となります。
全国一律送料¥770(税込)
限定アイテム、先行予約、イベント情報をいち早くお届けいたします!
Line
Thanks for registering
e-mailアドレスを入力してください